長い研修期間のすえ

介護を必要としている人たちを訪問し、各種の介護サービスを提供するのが、ホームヘルパーです。しかし、ホームヘルパーになるには、資格を必要とします。
介護職員として働く能力を認められ、研修を受けた人が始めて、訪問介護の仕事に就くことができます。そこで、資格取得の方法について、知っておくべきでしょう。
まず資格取得に向けて、介護職員初任者研修を受ける必要があります。これは、介護の仕事に就くための基本的なものであり、介護者にとって必要な指導を受けなければなりません。ここで問題であるのは、研修に130時間の指導を受けなければならない点です。そのため、資格が欲しいからといって、すぐになれるわけではありません。介護の仕事を始めるにあたり、余裕ある資格取得の計画が求められます。介護職員初任者研修は、行政から指定されている業者が実施しています。働きながら介護の資格取得を目指している人のため、都合にあったタイプの研修が受けられます。この研修を通して、介護の職員として必要なケアのノウハウを学びます。介護の仕事は覚えるべきことが多いため、研修時間が長いのには必然があるでしょう。
また、あくまで研修で身に付けられるのは基本的な部分です。さらに介護スタッフとしてふさわしい実力を身につけるには、資格取得後の仕事の経験が重要です。ホームヘルパーとして働くことができるようになったとしても、まずは初心者として真摯に仕事に向き合い、介護の勉強に前向きであるのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP