ホームヘルパーになるには

ホームヘルパーになるには、ホームヘルパーの資格が必須です。まずは資格の取得をしなければ、勤務以前に応募もできません。
ヘルパーの資格は1級から3級まであり、3級でも仕事ができますが、今の介護業界は慢性的な人手不足であるため、様々な業務に携われるように 2級以上の資格取得が求められています。
3級だと家事しか援助できず、身体介護や複合型などの援助ができません。そのため一般的には2級の取得が求められています。2級さえ取得してしまえば、就職は比較的容易です。
特に都心部では人手不足が深刻なため、求人が多いです。ヘルパー2級は試験がなく、最短で1ヶ月あれば習得可能になります。また1級は、ヘルパー2級の上級資格となり、事務所の主任ヘルパーなどといった中心的なヘルパーとして働くことができます。1級を取得するためには、現役の2級ヘルパーの実務経験が一年以上あることが条件です。
取得後は、ある程度地理がわかり、通うのに苦痛がない地域に勤められるのが理想でしょう。時給や待遇は事務所によってまちまちで、ケアの時間と移動時間が時給に含まれているか、交通費は含まれているかなど、手元に残る金額が異なってきます。
就職先は民間企業だけでなく、社会福祉協議会やNPO団体などもあります。さまざまな条件を加味して、どの事務所が働きやすいのか、じっくり チェックしてみるといいでしょう。ホームヘルパーについては《ホームヘルパーになるには?》を参考にしてみてください。
※現在ホームヘルパーの資格は、介護職員初任者研修という名称になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP