カリキュラムは多い

介護の仕事の中で、訪問介護の業務を担当するのがホームヘルパーです。この仕事に就くには、介護職員初任者研修を受ける必要があります。介護において必要な知識と技術を学ばなければ、訪問介護の仕事を十分にこなすことは難しいでしょう。
研修では講義と共に実習を交えて、訪問介護の仕事がどのようなものかを詳しく勉強します。研修で実施されるカリキュラムとしては、介護職員としての職務の役割について理解を深める課題があります。なぜ介護の仕事が重要であるのか、働く本人の理解がなければ職務を果たすのは難しいものです。そこで、講義と実習を交えて、介護の仕事で働く職務について勉強します。
また、要介護者の自立支援や、尊厳を守るために心がけるべきポイントについても、研修では詳しく学びます。
その他にも研修内では、介護業務におけるコミュニケーションの方法や、さらには老化や障害といった医学関連の知識への理解も深めていきます。
さらに、ホームヘルパーとして要介護者に代わり作業を行うため、生活支援の技術についても研修の機会に学習します。
こうした介護職員初任者研修を経て初めて、ホームヘルパーになる道が開けてくるのです。
研修の時間は比較的長時間に渡り、その間に仕事に必要な最低限のテクニックを修得しなければなりません。学ぶべきことが数多くあるため、研修時間が長いとはいっても大変なため、研修での勉強期間を通して、自然とスケジュール管理能力も身についているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP